鍼灸師のご紹介

院長 佐藤 直史 さとう なおふみ

IMG_2475

 鍼灸治療のもつリラクゼーション効果や鎮痛・消炎効果は皆さまもすでによくご存知だと思います。ストレスの多い現代社会において西洋医学にはない東洋独特の鍼灸治療は皆さまのココロとカラダの健康にきっとお役に立つはずです。

 しかしながら、鍼灸治療の際の衛生面での安全性や特に女性の方の場合は治療方法の在り方など、不安な要素が多いのも事実であり、鍼灸治療を受けたくても積極的になれない一因となっているようです。

 そこで私ども渋谷鍼灸治療院では衛生面に最大級の配慮を行い、清潔で安心できる設備を整えています。また、女性の方への配慮も怠らず、必要以外の肌の露出を極力控えることのできるローブをご用意しております。また、はり師・きゅう師免許を有する鍼灸師が施術しますので、安心してご来院できるよう万全を期しております。

 どうぞカラダ健康・ココロ爽快の渋谷鍼灸治療院へ、ぜひ一度お越し下さい。スタッフ一同心待ちにしております。

所属協会
公益社団法人 日本鍼灸師会
公益社団法人 東京都鍼灸師会
渋谷区鍼灸師会

所属学会
公益社団法人 全日本鍼灸学会会員

略歴
1963年2月26日 北海道南富良野町生まれ。

8歳の時、11トン車にひかれ、内臓破裂、骨盤骨折、左大腿部挫傷、右臀部挫傷の重傷を負う。2年の入院の間に手術14回。その後3年間にわたりリハビリを行う。その間、病院内の学校にて学び、小学6年生の時にリハビリを兼ね柔道を始める。

1981年(18歳) 鍼灸師になることを勧められ、赤門鍼灸柔整専門学校(仙台)に進学。少林寺拳法を始める。

1984年(21歳) 同校卒業、道玄坂鍼灸院勤務。身体障害者手帳五級を返却。
1991年(27歳) 独立、渋谷鍼灸治療院開業(渋谷区桜丘)
1996年(32歳) 渋谷区道玄坂に移転、現在に至る。
1997年(33歳) 渋谷区鍼灸師会会長
2005年(42歳) 社団法人東京都鍼灸師会理事
2005年(42歳) 公益社団法人日本鍼灸師会代議員
2007年(44歳) 社団法人東京都鍼灸師会常任理事、組織部長、
社団法人日本鍼灸師会広報局幹事
2011年(49歳) 社団法人東京都鍼灸師会 副会長 組織部長 普及部長
2015年(52歳) 4月1日~ 公益社団法人東京都鍼灸師会会員、公益社団法人日本鍼灸師会会員。現在は両会の役職等を辞し、不定期だが治療院にて自ら講習会を開催し、若手の施術師の育成に努めている。

年に一度、渋谷フェスティバルにボランティアとして参加し、鍼灸の紹介、医療相談等を通し鍼灸治療の啓蒙活動も行っている。
趣味はゴルフ、ピアノ

 

鍼灸師 中尾 牧子 なかお まきこ

IMG_1853

 一般企業に就職し、ソフトウエアの開発業務に携わっている頃、会社の近所にある鍼灸院で治療を受けたのが、この業界との初めての出会いでした。マッサージや整体とは全く違う効果を体験し、その効果の不思議さに、「勉強してみたい」と思うようになりました。

 鍼灸治療は、鍼を刺したりお灸をすえたり、外から刺激を与えることで、人間の体が本来持っている「生きる力」を活性化させます。その力が活性化することで、さまざまな症状が改善するのです。すばらしい!人間の生命力ってすごい!回復していく患者さんをみると改めて感じられます。

 鍼灸治療では、まず、直接患者さんと向き合い、声を聞き、姿をみて、何に困っているのか、何を望んでいるのか、そして実際に患者さんの体がどうなっているのか、触れて感じ、考えます。治療した後、患者さんの状態が変化し、「あ、楽になった」と言っていただけたときは幸せな気持ちになります。患者さんが帰るときに、元気な顔で「ありがとう」と言っていただける鍼灸師になろうと心がけています。

患者さんへのアドバイス
 西洋医学では病気を治療の対象とするのに対し、東洋医学では「未病(病気ではないが、健康ではない、病気に向かいつつある状態)」を治療の対象としています。現代社会では、自覚がなくても身体は様々な疲労やストレスにより「健康ではない」状態にあることがほとんどです。症状があるときはもちろんですが、どこかに不調を感じていなくても、体調を整える(エステや美容室に行くような)気持ちで、気軽に鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょう。それにより、つらい症状を感じる前に健康な身体をとり戻すことができ、よりハッピーな日々を過ごせるでしょう。

略歴
1967年10月 北海道生まれ
1991年 北海道大学工学部を卒業し、東京の企業に就職
2000年 会社を辞め、北海道鍼灸専門学校に入学
2003年 卒業 はり師・きゅう師の国家資格取得
大湊厚生療院(札幌市の鍼灸院)にて勤務
2008年 結婚を機に東京へ。立川市内の整形外科でリハビリ助手として勤務
2009年 社団法人東京都鍼灸師会に入会、佐藤院長と出会う。
2010年 渋谷鍼灸治療院勤務(火曜・木曜・金曜のみ)、その他の平日は足立区近郊にて往診治療 現在に至る

趣味はフラメンコ

nakao_flamenco

フラメンコスタジオCARMELA
発表会より
曲目:Garrotin@子鬼photo

 

鍼灸師 杉本 凌 すぎもと りょう

IMG_2058b 高校時代は野球部に所属、ポジションはキャッチャー。夏の甲子園大会予選中に肘を負傷してしまいました。鍼灸師の先生に助けて頂いたおかげで、本大会に出場することができ、その後も大好きなスポーツを続けられるようになりました。将来自分もこんな人になりたいと思ったのが、鍼灸師を志したきっかけです。

 大切にしていることは、常に笑顔を絶やさず、元気に患者さんに接すること。趣味はゴルフ、野球。身体を動かすことが好きで、夏ならジェットスキー、サーフィン、冬なら今年から始めたばかりのスノーボード。技を磨くために日々YouTubeで研究中!

略歴
1991年5月30日生まれ
2010年4月 日本工学院八王子専門学校 鍼灸科 入学
2013年3月 卒業 はり師・きゅう師の国家資格取得
2013年4月 渋谷鍼灸治療院

 

鍼灸師 金子 一樹 かねこ かずき

IMG_1064 高校3年生の時に、私以外の家族が同時期に体調を崩したことがありました。その時に自分に何かできることがないかと思ったのが、この道に進んだきっかけです。

 鍼灸の専門学校で学んだ知識・技術を生かして日々精進して参りたいと思います。

 趣味はソフトボールと音楽鑑賞、現在は相模原市のソフトボールチームに所属しており、リーグ昇格を目指しております。

略歴
1992年3月30日生まれ
2010年4月 日本工学院八王子専門学校鍼灸科 入学
2013年3月 同校 卒業 はり師・きゅう師の国家資格取得
同年4月 日本工学院八王子専門学校鍼灸科の教育補助員として入社
2015年3月 2年の任期を終え退社
2015年4月 渋谷鍼灸治療院 現在に至る

 

 

LINEで送る

Comments are closed.