予防医学のためのオススメ運動

 生活習慣病の原因となる血液循環の悪化は、食生活だけが要因ではありません。ストレスや運動不足も大きな要因となっています。

 本当は、定期的にしっかりと運動するのがストレス発散にもなって良いのですが、それがムリな方は、ちょっと空いた時間に無理せず簡単にできる有効な運動を同じ東洋のヨガの中から紹介しておきます。

手まくらのボーズ
ポイント!
●全身を一直線に保ちながら行う 
●最初から終わりでヒザを曲げない 
●両足はできるだけ高く上げる

pose1.gif1 左側を上にして横たわり、右手を手まくらにして頭を支える。左手はヒジを曲げて指先を頭の方へ向け、胸の前で手のひらを床につける。

pose2.gif2 息を吸いながら、非常にゆっくりと左足をできるだけ45度に近い高さまで上げ、5回ほど呼吸して、呼吸を整える。

pose3.gif3 左手で床を押し、息を吸いながらゆっくり右足を左足に揃えるそろえるようにできるだけ高くあげていき、両足を真直ぐ伸ばす。顔は前を見て胸を張るようにし、5回程呼吸し、呼吸を整えて、息を吐きながらゆっくり両足を下ろす。この運動を左右交互に3回づつ行う。

この運動はヨガにおける高血圧、動脈硬化に効果がある運動のひとつです。全身の気の流れを促し、内臓の働きや副腎皮質ホルモンの働きも促します。また、腹部の脂肪を取り、ウエストを細くし、ヒップを美しくする効果もあるので、女性の方には特にオススメ。

 この運動なら家でテレビを見ながらできるので無理なくできるはず。ぜひ、一度試してみてください。

LINEで送る

Comments are closed.